MENU

サンホーム建設

お気軽にお問い合わせください

 0248-72-5960

自分たち仕様の注文住宅。希望が叶う完全自由設計の家。

浅川町

Gさん

思いが伝わる担当者との出会い

お子さんの小学校入学を機にマイホームづくりを決心したGさん。何度も住宅展示場や見学会へも足を運んだり、何社か具体的にプランの相談をしながら自分たちの思いを実現できるメーカーを探していたが、どこも「しっくりこない」と悩まれていた。そんな時、出会ったのが『オール電化にベストマッチな健康住宅』を提案するサンホーム建設だった。「ふと見かけた住宅情報誌(CARNA)を見てピンとくるものがあり、話を伺いに行ったんです」。広告の中の当社で建てた施主の談話が印象的で、特に電気蓄熱床下暖房システム(スラブヒーター)に興味を持たれたご夫妻。その後、当社の見学会に参加しながら、担当者の気さくな人柄や姿勢に触れ、この会社なら自分たちの夢を叶えてくれると確信したそう。「メーカーの大小は関係ありません。担当者とのフィーリングと、親身になって建設的なアドバイスをしてくれるかどうかが見極めどころでしょうか」とご夫妻。

気持ちよく暮らせるアイデアが満載

Gご夫妻がマイホームづくりで目指したのは、高い住宅性能を維持しながら、個性的で暮らしやすい我が家。モノトーンでスタイリッシュにまとめられた1階スペースは、育ち盛りのお子さんたちが走り回れるオープンな空間で、用途に合わせてアレンジできる機能的な間取りとなっている。1階のリビングとダイニングを隔てるホールには半透明のスクリーンパーテーションを採用。普段は開け放してワンルーム感覚で使用しながら、スクリーンパーテーションの開閉の仕方によってホールを含めたつながりのある、独立した空間として間仕切りすることが出来る。また、随所に設けられた造り付けの収納は、どうしたら機能的で使いやすいか、考え抜かれた工夫がいっぱい。例えば、デジタルカメラを収納する棚の奥に充電用のコンセントを設けたり、洗濯ものを気にせず放り込める、脱衣箱のついた収納棚もご夫妻のアイデア。余計な物をしまっておけるので、生活感を感じさせずスッキリ。特筆すべきは、玄関に隣接した大容量のクローク。「直接クロークに入れる扉を設けたので、玄関が汚れる心配がいりません」とご主人。育ち盛りの子どもたちや野球・ゴルフが趣味のご主人が衣類や足下を汚して帰ってきても気兼ねなく着替えや道具を片付けることが出来るのでとても便利だ。

 

ダウンロードページへ

お問い合わせ

当社へのご質問、資料請求、ご意見、ご感想などございましたら
メールフォームよりご連絡ください。
また電話でも承りますのでお気軽にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ

資料ダウンロード

ページ最上部へ