MENU

サンホーム建設

お気軽にお問い合わせください

 0248-72-5960

暮らし方が豊かになる温故知新の快適空間。住むひとにやすらぎを与える土間のある家。

郡山市

Yさん

我が家のこだわりを理解してくれる感性と、誠意あふれる対応に共感

Yさんが子供の頃から兄弟とともに育ってきた家も築30年が経過。老朽化が進み、各所にメンテナンスが必要なってきた。各部屋の間取りが広いがゆえに暖房している部屋としてない部屋との温度差、昼間でも照明をつけないと暗いスペースや湿気が溜まりやすくじめじめするなど暮らしにくいところはあったものの、住み慣れたYさんにとっては普通のことだった。しかし、両親や子供たちのことを考え、そろそろリフォームをと思い、現在の住宅事情をリサーチするためにハウスメーカーの展示場を見てまわったそうです。展示場へ足を運ぶうちにさまざまな快適さや安全さが体感できて、大規模なリフォームをするぐらいなら思い通りの家を新築する方がいいと決心することに。そのとき丁度近くで土地の分譲を当社で行っており、見に来られたのがAさんとの最初の出会いとなった。「初めは看板の大きな会社でと考えていましたが、サンホーム建設さんの完成住宅内覧会では、それぞれが個性的で二つとして同じような家がなかったのです。誠実な対応に併せ、この会社ならきっと私たちの理想の家を実現してくれると、次第に確信するようになりました」とご夫妻。

心地よい日常を一歩進んだオール電化住宅で実現

玄関に立った瞬間、モダンなタイルを敷き詰めた土間と仕切りの少ない室内空間が醸し出す開放的な雰囲気が印象的なYさん宅。内装も飽きの来ないホワイトグレーを基調にしながらも、ムク材や珪藻土の塗り壁などの自然素材を明るい色で仕上げて、落ち着いたダークブラウンの家具やシステムキッチンで空間にメリハリをつけた。「愛着のあった元の家がこの家の基軸になっているんです。こだわりは土間のある生活。昔の土間ではなく、家族が寝ころんでもいいような自由な空間。そして、個々のプライバシーを確保しながらも家族全員が顔を合わせられるスペースや、お互いの気配が感じられるような間取りを目指しました」とご主人。そして、見逃せないのが当社の提案する”スラブヒーター(電気蓄熱床下暖房システム)”だ。これはお得な夜間電力を利用し、床下の土間コンクリートに半永久ヒーターを埋設するシステム。床下から低温輻射熱と気流を感じさせない自然対流熱で家全体を温度差のない快適な暖かさに保ってくれる。「この家で本格的な冬を経験するのは初めてですが、家中どこも温度差がないのには感動しまた。この冬が楽しみです」と奥様。そして、屋根に載せた太陽光発電システム(  )は、環境にも家計にも優しい暮らしをしたいと願ったYさんたっての希望。 IHクッキングヒーターとエコキュート、この夏エアコンをフル稼動させたにもかかわらず、光熱費を伺うと、8月の支払いが約3700円、電気を売った分の収入が約23000円と、気になるランニングコストは想像以上の経費節減に。「スラブヒーターも太陽光発電システムも思い切って導入して大正解。これからの暮らしが本当に楽しみです」とご夫婦でにっこり。

 

ダウンロードページへ

お問い合わせ

当社へのご質問、資料請求、ご意見、ご感想などございましたら
メールフォームよりご連絡ください。
また電話でも承りますのでお気軽にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ

資料ダウンロード

ページ最上部へ