MENU

サンホーム建設

お気軽にお問い合わせください

 0248-72-5960

先進性を取り入れ、真の快適性を育む高品質な住まい

須賀川市

Kさん

オール電化にベストマッチな「健康住宅」を提案

結婚を機に家づくりを考え始めたKさんご夫妻。いざ家を建てるにあたり、理想の場所を決めるのが第一関門。なかなか思うような物件が見つからなかったが、幸いご主人の実家の隣の空き地を好条件で手に入れることができ、家づくりのプランニングが始まった。実は10年前にKさんの姉夫婦様の住宅を施工させていただいたことから、ご紹介でのご縁となりました。Kさんご夫妻が希望した住まいのスタイルは、一つは珪藻土をはじめ天然素材をふんだんに使用し、健康に配慮すること。もう一つはオール電化+太陽光発電システムを取り入れるという、機能性と省エネルギー性を兼ね備えた高品質な住宅でした。「以前住んでいたアパートは、冬の結露がとてもひどく、カビにも悩まされました」と奥様。共稼ぎで毎日とても忙しいご夫妻にとって、帰宅すると部屋が寒いのでファンヒーターを使用し、朝起きてまたすぐにスイッチを入れる毎日は、部屋の空気を入れ換えることもままならない生活だった。「現在の家は、冬の寒い日にいつ帰宅しても暖かいし、どの部屋も温度差がほとんどないので快適ですね。設定もスイッチひとつで、後は何もしなくて済むのでとても楽です」とご主人。また、電気蓄熱床下暖房システム(スラブヒーター)の提案をさせていただき、迷わず導入。これは、床下土間コンクリートに半永久のヒーターを埋め込み、お得な夜間電力を利用して床下から家屋全体に熱を蓄えて低温輻射熱と自然対流熱で24時間全館暖房するシステム。床暖房と異なり、床面の表面温度が熱くならずに自然な暖房質感が得られるのが特徴。一般的に室温の低い玄関も土間暖房され、雨で濡れた靴も翌朝には乾いてしまうので大助かり。高気密・高断熱+オール電化住宅を多く手掛ける当社が自信を持ってお勧めするアイテムです。

住む人の心を癒す、おおらかな空間デザイン

住空間の中心は、白い塗り壁の和モダンなリビングダイニングスペース。リビングには奥様が雑誌を見てデザインが気に入りオーダーした造り付けの飾り棚と、色合いをコーディネートしたソファーがアクセントに。畳コーナーは掘りこたつ付きで、ご夫妻一番のお気に入りの場所。キッチンやリビング、窓から見える景色への目線に拘り、座り高を吟味。「長く居る場所だからこそ、開放的で居心地の良い空間を目指しました」と奥様。梁を残したリビングから畳コーナーで一気に吹き抜けとした天井高の変化と間接照明のやわらかな光の効果が、くつろぎの空間を演出している。また、掃き出し窓に付けられたウッドデッキとカーポート後方の庭に植樹された緑が相まって心休まる景観を呈しており、限られた空間を効果的に演出する視覚デザイン性にも注目したい。

 

 

ダウンロードページへ

お問い合わせ

当社へのご質問、資料請求、ご意見、ご感想などございましたら
メールフォームよりご連絡ください。
また電話でも承りますのでお気軽にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ

資料ダウンロード

ページ最上部へ