MENU

サンホーム建設

お気軽にお問い合わせください

 0248-72-5960

住み継がれていく快適と安心を先端の住宅性能で実現

郡山市

Iさん

実家の老朽化と親との同居を機に、実家の立て替えを決心したIさん。以前にお住まいだった住宅は数年前に大手ハウスメーカーで新築。大手ということで気に入って建てましたが、実際は色々と制約があって希望の間取りが出来なかったり、収納スペースが少なかったり、住環境への不満を抱えていました。極めつけは「新築なのに家の中がジメジメしていて、急に私と娘が喘息になってしまいました」と奥様。そんなこともあって3世代同居をふまえ、お互いのライフスタイルとプライバシーを尊重しながら快適に健康的に暮らせる住まいを実現するために色々なアイデアとプランが採用されました。

どこに居ても温度差の少ない快適な住環境

「子供たちが欲しがっていた吹き抜けとリビング階段は、あえて採用しませんでした」とご主人。確かに「暖気が2階に上ってしまい、暖房しているのに寒い」とか「冷気が来てスースーするので良い対策はないものか」という声を良く聞きます。Iさん宅では吹き抜けを造らず階段や廊下を戸で完全に仕切り、開放感と引き替えに実用性と暖かさを選択しました。実際この冬は、コタツと居間にある大型の蓄熱式電気暖房器1台で過ごせたそうです。どこにいても24時間温度差が少なく、快適で経済的な住環境を可能にしているのが高断熱・高気密+オール電化仕様。これからも住むほどにその良さを実感できることでしょう。

世代の違う家族が同じ空間で楽しく暮らすための配慮も

Iさん宅の間取りの複雑さ?には目を見張るものがあります。それは下宿業を経営している為、学生の賄いのときや来客の際に、どこにいても気にせずにお手洗いや別の部屋へ移動が出来るように設計されています。特に注目したいのは、居間から10畳の和室を挟み母親専用の客間へと続く大空間。引き込み戸を閉めればそれぞれ個室にもなるが、普段は開けっ放しにしておいて開放的な空間を楽しまれています。以前の実家は暗く使いづらい間取りだったので、東西に屋根勾配をし、採光が得られる南側に各部屋をレイアウト。暗くなりがちな北東側には水廻りを集中させたり、トップライトを配してとても明るい空間を確保しました。世代の違う家族が同居するため、それぞれのプライバシーを確保しつつ、お互い兼用して使える「くつろぎの部屋」や「パソコンスペース」、小屋裏スペースにはご主人の「音楽ルーム」など使うアイデアがいっぱいです。

 

ダウンロードページへ

お問い合わせ

当社へのご質問、資料請求、ご意見、ご感想などございましたら
メールフォームよりご連絡ください。
また電話でも承りますのでお気軽にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ

資料ダウンロード

ページ最上部へ