MENU

サンホーム建設

お気軽にお問い合わせください

 0248-72-5960

化粧丸桁と丸柱が誇らしげに構えるこだわりの新和風住宅。

郡山市

Kさん

家がだんだんと傾き、なんと隙間から風が…

住まいの老朽化に加え、地盤の欠点から建物に致命的な問題を抱えてしまったKさん宅。地盤改良と建て替えを余儀なくされ、2回目の家づくりが始まりました。Kさんの場合、多くの方が経験するような、住宅展示場を見てまわったり、住宅雑誌を読んで参考にするようなことはなく、プランニングから照明器具ひとつに至るまで、全面的に当社にお任せいただきました。

車1台買ったつもりで、太陽光発電を導入

しかし、住宅を建てるときに絶対叶えたいことや、取り入れたいシステムがありました。それはKさんが20歳代の頃に植林した杉を建築材料として利用することでした。残念ながら製材コストの関係で多くは活かせませんでしたが、大黒柱や付け鴨居などに採用することができました。そして、太陽光発電を取り入れたオール電化住宅であること、雨水を再利用できるシステムを取り入れることなど、エコロジーな住まいにすることでした。実はこのコンセプト、中国戦国時代の思想家で知られる「墨子」の節用篇にある「実利を増やさない住居はこれを排除する」ということが基礎になっています。国を富ますには、利益にならないものを止め、人口を増加させ、質素倹約するのが大切である。個人の暮らしもまた同じだという考え方です。

好きなことをしながら、体を動かすことが健康の秘訣

奥様は家庭菜園が趣味で、自宅から徒歩で15分離れた畑まで、健康維持も兼ねて毎日徒歩で通っています。畑では野菜の他、かぼちゃ・サツマイモ・ニンニク・落花生・玉葱など無農薬で栽培し、食卓に取り入れています。毎日家庭で出る生ゴミを畑のコンポストで堆肥化してリサイクルしたり、家庭から出るゴミの分別がすぐ出来るような工夫をしたり。家のいたるところで無駄に資源を使わずにいかに生活しやすくするかを追求する試みがされているのが分かります。「こんなケチな生活が基本です」とユーモアたっぷりのご主人。健康と環境、持続可能な社会生活を心がけるLOHASな生活スタイルを実行しているKご夫妻です。

 

ダウンロードページへ

お問い合わせ

当社へのご質問、資料請求、ご意見、ご感想などございましたら
メールフォームよりご連絡ください。
また電話でも承りますのでお気軽にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ

資料ダウンロード

ページ最上部へ