MENU

サンホーム建設

お気軽にお問い合わせください

 0248-72-5960

求めていた理想的な住まいを自由設計で実現

須賀川市

Hさん

個性的な2段の切妻屋根と重厚感のある外観。優しいツートンカラーの配色が印象的なHさん宅。先の東日本大震災で30年間住み慣れた家が一瞬にして全壊し、仮住まいを余儀なくされてしまった。専業農家を経営するHさんは、当時大規模なビニールハウス建設を進めており、風評被害で作物の価格も下落する中、住宅のことまで考える余裕はなかったそうです。しかし、〝高校受験を控えた息子さんが安心して勉強に打ち込める環境をつくってあげたい〟との奥様たっての願いから建て替えに踏み切ったHさんでした。

オール電化+太陽光発電、高性能住宅が予算内で実現

当社とのきっかけは、奥様の勤務先の方からのご紹介で建て替えのご依頼をいただきました。「参考に見せていただいた住宅が私たちの理想とぴったりで、サンホーム建設さんでぜひ建てたいと思いました」とご夫妻。希望されたのは『将来のライフスタイルを見越した柔軟な設計と地震に強くて暖かい家』でした。当社では、自然素材と最新オール電化システムを組み合わせた健康住宅をお勧めしており、Hさん宅は2世帯対応ということで、ご両親用のキッチン・トイレを完備。将来ご家族が増えた際にユニットバスが増設できるスペースを納戸として確保。壁部分に高強度の構造用合板を張って耐震性を高め、同時に高断熱材〝ネオマフォーム〟を施工することで優れた断熱性能を確保しました。冷暖房はエアコンをベースに、寒い冬はコタツを併用すれば充分と経済的。太陽光発電システムも導入し、省エネルギー化にも配慮しています。

家族の輪も育む大らかで、ゆとりのある生活空間

対面式キッチンのダイニングルームは家族団らんのスペース。旧宅は台所と食事をする部屋が別になっていたために不便なうえ、冬は寒いので息子さんたちも食事が済むとめいめい部屋に戻ってしまい、家族の会話が少なかったそうです。「新居になってから、家族で一緒に過ごす時間が増えました。キッチンに立ちながら息子たちと会話を楽しんだり、兄弟同士で仕事のことや悩みごとを話し合っている微笑ましい光景を見ると、思い切って建て替えてよかったなと思います」と奥様。DKの隣は落ち着きと清々しさを満喫できる二間続きの和室で、ダイニングとつなぐと約26帖もの大空間に。玄関も収納スペースもゆったりと配し、各部屋の扉を引き戸にすることで、広がりを感じる間取りになっています。

 

 

ダウンロードページへ

お問い合わせ

当社へのご質問、資料請求、ご意見、ご感想などございましたら
メールフォームよりご連絡ください。
また電話でも承りますのでお気軽にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ

資料ダウンロード

ページ最上部へ